犯罪自慢、自殺配信、見せしめ殺人…不穏なオンライン投稿に見るネットの暗黒面

Pocket

スマホの普及によりインターネットは現代人の生活に欠かせないものとなりつつあります。
ネット上にはSNSをはじめ、あらゆるウェブサービスがリアルでは出会う機会のない人々とのコミュニケーションを可能にしてくれる。便利で有り難い存在です。

しかし当然ながら、オンライン上で行われる全てのやり取りが明るく楽しいものであるわけがなく、時にむきだしの悪意や深い闇に遭遇する事もあります。

今回は本来人目に晒すべきではない不穏な『何か』をネット上に投稿し、世間を騒がせた6つのケースをご紹介します。

※閲覧注意※
記事中の画像・文章の中には人によっては気分を害される可能性のあるものが含まれています。閲覧は自己責任でお願いします。

1. Obdulia Sanchez

-無謀運転の末に死なせた妹の死体をライブ配信した女-

2017年7月、当時18歳のオブドゥリア・サンチェスはカリフォルニア州ロスバニョスで14歳の妹とその友達を後部座席に乗せた車を運転しながらInstagramのライブ配信を行っていた。
ハンドルから両手を離した状態でスマホのカメラに向かって車内に流れる曲を口ずさみつつ踊る、という無謀な運転を続けた結果、有刺鉄線のフェンスに突っ込み車両は横転。
シートベルトを着用していなかった後部座席の妹、ジャクリーン・サンチェスは衝撃で車外に投げ出されて即死した。

自分は怪我もなく無事だった姉オブドゥリアは、ここで更に常軌を逸した行動に出る。
無残にも頭が額から真っ二つに割れ、地面に力なく横たわる妹の姿を撮影し、配信し続けたのである。車でジャクリーンの隣に座っていた友人が自らも足に怪我を負いながら必死に助けを呼ぼうとしている傍らで、遺体を激しく揺すぶりながら姉が口にした言葉は耳を疑うようなものだった。

”妹を殺しちゃったけど、どうでもいいわ。刑務所送りになるのはわかってるけど、どうでもいい。ごめんね、ベイビー。”

後に、事故当時のオブドゥリアはアルコール、マリファナ、コカインの影響下にあった事が判明。危険運転致死傷罪とchild endangerment(児童を危険に晒す行為)の罪に問われ、2018年に懲役6年の実刑判決が下った。

《仮釈放、そして再逮捕》

2019年9月に模範囚として早々と仮釈放されていたオブドゥリア・サンチェスだったが、それからひと月も経たずに再逮捕された。
取消し済の免許証で車を運転していたところを警察官に見咎められたオブドゥリアはそのまま車での逃走を試みたものの、途中で再び衝突事故を起こし、現行犯逮捕となったのである。また、車内からは弾丸の装填された45口径の拳銃とマリファナと思われる薬物が発見された。今後、違法な銃の携帯と弾丸の所持、無効な免許証の使用、及び警察からの逃走等の罪に問われるものと見られる。

【動画】