宮崎出身の最年少プロスケートボーダー、スカイ・ブラウン(10)がキッズ版DWTSに登場!!はたしてその腕前は?

Pocket

アメリカの人気番組DWTS-Dancing With The Stars-のジュニア版が放送開始!
現在2週目が終了したところですが今季の本編よりも面白いとの声も聞かれる程、才能豊かな子どもたちが大活躍しています。
その中に、最年少プロスケートボーダーとして話題となった宮崎出身のスカイ・ブラウン(10)がセレブコンテスタントの一人として参加しています。


(credit:ABC

本家DWTSのプロダンサー、アラン・バーステンをメンターに、ダンスパートナーであるジュニアダンサーのJT・チャーチとチームを組み、スケートボードやサーフィンで鍛えた抜群のバランス感覚と持ち前の笑顔を武器に、ダンスの才能をも開花させ始めているスカイちゃん。
今回は最新エピソード、2週目のチャチャの動画をコメントとあわせてご紹介。

【公式動画】

テーマに沿ってスカイちゃんの生まれた年、2008年にリリースされたレディ・ガガの『ジャスト・ダンス』に乗せて軽快なチャチャを披露。
演技後、ジョーダン・フィッシャー(番組ホスト)の「こんなパフォーマンス、どこで学んだの?」という質問に「JTとアランが最善を尽くしてくれたの。だから絶対に2人をガッカリさせたくない」と答えたスカイ。
チームは勿論、観客の心も鷲掴み!

【ジャッジ3人の採点とコメント】

アダム・リッポン(評価8点):「オーマイガー!スカイ!ここに登場して最初にバックフリップ(実際はバックハンドスプリング)したよね。素晴らしかったし、とてもクリーンだったよ。このダンスで一番僕が気に入ったのは、とてもクリーンなところなんだ」

ヴァレンティン・シュメコフスキー(評価7点):「スカイ、君は何でも出来るよ!本当に何でもできると僕は信じてる。君の集中の仕方ね…集中する為に深呼吸したあれは素晴らしかった。信じられないくらい成熟したところを持っている一方で、ただ見ているだけですごく楽しい気持ちにさせられるっていうのが素敵だね。
君がこのパフォーマンスに込めた魅力や快活さや色んなものの間には、はっきりとした計画も存在していて感心させられたよ。見事な演技だった」

マンディ・ムーア(評価7点):「ひとつ質問があるの。ステップと同じくらい表情の方も練習した?だってあなたの表情、バッチリ決まってたから。エクセキューションも素晴らしかったし、とにかくステキなものの詰め合わせって感じだったわね。うん、よく出来ました」

※一応補足しておくと、最高評価点は10点ですが滅多に出ません。基本的に8点が良い評価点の目安で、それ以上が出るとめちゃくちゃスゴイ!て事です。

【この動画に対する反応】

※コメントはこちらの動画からも抽出してます:

とにかく表情演技が素晴らしい、可愛すぎる、と大絶賛。また、スカイちゃんの余裕っぷりにはまだまだポテンシャルがあると感じる人多数。
今後の活躍が期待されます。

【公式動画】

こちらの動画では自己紹介と初顔合わせの様子が見られます。
バイリンガルでスケートボードのみならずサーフィンもプロ並みの腕前。
物怖じしない明るい性格、素晴らしい笑顔…なんだかもう未来が眩すぎるぜ!て感じのスカイちゃんでした。

こちらはスカイちゃんのInstagramアカウントに投稿されたBTS画像。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする